専門業者に依頼してリノベーションをすれば中古物件が甦る

  1. ホーム
  2. あいさつ回りの範囲は

あいさつ回りの範囲は

リフォーム

届け出が必要な場合も

三田でマンションでリフォームを行う場合、近隣への配慮はどのようにしたらよいのでしょうか。一般的にはまず上下左右のお宅へのあいさつは必要です。壁や床、天井を伝わって音がひびくので、必ず事前にあいさつを済ませるようにしましょう。それ以外では、病気の方やご高齢の方、赤ちゃんがいるご家庭にも挨拶をしておくべきでしょう。これらの方は在宅している時間が長く、音にも敏感なため、配慮する必要があります。またマンションの中には、夜働いて昼間睡眠をとるというライフスタイルの方もいます。仕事によって睡眠時間が不定期な方もいらっしゃるので、管理人とも相談するのも一つの方法です。三田のリフォームの工事は、通常朝8時30分や9時ごろから始まり、遅くても夕方6時ごろには終わります。日曜日は工事を行わない業者が多いので、あいさつ回りの対象は平日の昼間に在宅している家庭を対象に考えましょう。三田のマンションでは、管理規約でリフォームの際の届け出を義務付けているところがほとんどです。その際には管理事務所へ規定の様式で届けを出しましょう。マンションによっては、リフォーム工事の期間を掲示板に告知することが義務づけられているところもあります。三田の業者によっては、担当者が近隣へのあいさつも行ってくれる場合があり、そのような業者に依頼すると非常に安心できます。信頼できる業者は、エレベーターや通路への養生もきちんと行ってくれるので、そのような業者を探しましょう。またリフォーム会社は機材を運ぶために、駐車スペースを少しだけ使用するかもしれません。車の往来が激しい地域だとスペースをとってしまうかもしれないので、その点もマンション管理事務所やリフォーム会社に相談しておきましょう。